Exhibitions

李邦耀(Li Bangyao)個展 「Ecstasy」- Tang Contemporary Art Bangkok

Thai

Tang Contemporary Art Bangkok

Feb 04 - Mar 13, 2021

Interior No. 20, 2020, Acrylic on canvas, 180 x 280cm
All images courtesy of Tang Contemporary Art Bangkok

Tang Contemporary Art Bangkok は、2007年から2020年にかけて制作された李邦耀(Li Bangyao)の主要な作品を紹介しています。これには、彼の最新作品や「Indoors」シリーズ、「Personal Manual /個人的な手引」、「Theory of Evolution /進化論」、「Origin of the Species /種の起源」 シリーズの重要作品及び「Ecstasy /エクスタシー」シリーズの作品がこの展覧会で展示されます。

  • Ecstasy No. 1, 2011
    Acrylic on canvas, 200 x 300 cm

  • Ecstasy No. 3, 2011
    Acrylic on canvas, 120 x 150 cm

中国の代表的なポップアーティストの1人である李邦耀は、「オブジェクト/物」の構造システムの記号的な特性に焦点を当てています。 社会の発展と日常生活のための特定のシンボルの洗練を通して、彼はフラットな形状と明確な輪郭を備えた視覚言語を使用してシンボルとしての「物」によってシンボル化される個人的な美学、集合的記憶、および社会的問題を分解して符号化します。 ポップアートを使用して、彼は消費者向けソーシャルグッズのコード変換に関するジャン・ボードリヤールの研究に答えています。

  • On the Origin of the Species No. 1 - 8, 2007
    Oil on canvas, 110 x 110 cm x 8 pcs

  • Origin of the Species No. 40, 2008
    Acrylic on canvas, 230 x 200 cm

  • Origin of the Species No. 41, 2008
    Acrylic on canvas, 230 x 200 cm

  • Origin of the Species No. 47, 2008
    Acrylic on canvas, 230 x 200 cm

「Theory of Evolution /進化論」と「Origin of the Species /種の起源」は、2005年以降に描かれたオブジェクトシンボルに関する研究期間中の代表的なシリーズです。1950年代から1970年代にかけて「Theory of Evolution /進化論」では、自転車、縫製機、灯油ランプ、記念品などの典型的な日常の消費される「物」に焦点を当てました。李邦耀は広告的な手法と明るいモノクロの背景を使用し、絵の主題として一般消費者が購入する商品(物)を取り上げました。 実際の順序は、シンボル的なスペクタクルな表現とイメージに変換されていきます。「Theory of Evolution /進化論」シリーズは、中国の計画経済時代の穀物配給券、購入クーポン、が不動産開発コミュニティと並置され、中国の近代化への過程で大量消費者の状況変化を浮き彫りにしています。 これは歴史的記憶の一形態であり、消費社会が生み出す視覚的イメージからなる壮絶な光景です。

  • Theory of Evolution No. 1, 2007
    Oil on canvas, silkscreen printing, 146 x 114 cm

  • Theory of Evolution No. 5, 2007
    Oil on canvas, silkscreen printing, 146 x 114 cm

  • Theory of Evolution No. 6, 2007
    Oil on canvas, silkscreen printing, 114 x 146 cm

2009年以降、李邦耀は、オブジェクトシンボルの研究から、物と家族関係の研究に移行しました。このため、李邦耀は現地調査を通じて多くの家族を訪問しました。李邦耀が、自己報告で「とにかく、家族が持つアイテムの状態に私は驚いています。世帯(ファミリーユニット)が一定数の機能製品を持っていると、その使用価値は薄れ、徐々に一種のエネルギーになります。つまり、それらは個人の精神的なエネルギーも変わります。それが現れ始めると、オブジェクトは所有者の夢、思い出(記憶)、趣味、価値観を伝え始めます。それは、生命の兆候であり、「物」は温度(ぬくもり)を持つのです。」と述べているように、「Indoors」シリーズは、家族の政治経済の文化的重要性を垣間見ることができるように、家族生活の複雑なシンボルを概説し、興味をそそる空間のシーンで構成されています 。「Ecstasy /エクスタシー」シリーズでは、室内シーンの最も消費されやすいコーナーを捉え、化粧台、ファッション雑誌、コスメティックバッグなどをひとつひとつ並べています。

  • Interior No. 2, 2010
    Acrylic on canvas, 114 x 146 cm

  • Interior No. 6, 2010
    Acrylic on canvas, 200 x 300 cm

  • Interior No. 14, 2012
    Acrylic on canvas, 150 x 120 cm

  • Interior No. 17, 2015
    Acrylic on canvas, 200 x 150 cm

以前の平面的な二次的作品とは対照的に、「Personal Manual /個人的な手引」シリーズのインスタレーションでは、李邦耀はアルミニウム板のデジタルモノクロエッチングを媒体として使用し、同じ色調を追加して立体感(三次元)を表現し、「物」の機能的価値と使用価値をさらに取り除き、美的および文化的重要性を強調しました。

  • Manual No. 7, 2019
    Aluminum plate, digital etching, acrylic, 120 x 244 x 1 cm

  • Manual No. 9, 2019
    Aluminum plate, digital etching, acrylic, 120 x 244 x 1 cm

  • Manual No. 1, 2019
    Aluminum plate, digital etching, acrylic, 230 x 230 x 1 cm

「物」の使用と交換価値は、が象徴(シンボル)的な価値に変換される現在、 どうすれば消費主義の亡霊を追放し、ジャン・ボードリヤールのブルジョワエクスタシーの誘惑に抵抗できるでしょうか。李邦耀は、オブジェクトシンボルの研究を通じ、対話を生み出しました。「物」の中間媒体を生成し、「物」を通常の状態に戻すことにより、並々ならぬ隠された意味が退行し、真に「物」を指すようにします。

  • Array of Flowers No. 1, 2012
    Acrylic on canvas, 60 x 80 cm

  • Umbrella, 2016
    Acrylic on canvas, 80 x 400 cm

  • Corridor, 2017
    Acrylic on canvas, 200 x 230 cm

  • Giotto's Soul No. 2, 2018
    Acrylic on canvas, 60 x 80 cm

アーティストについて
李邦耀(Li Bangyao)

李邦耀(Li Bangyao)は、1954年に中国の武漢で生まれました。 彼は1978年に湖北美術学院の美術学部を卒業し、1978年から1992年までは湖北美術学院の応用美術学部で、1993年からは華南師範大学の美術学部で教鞭をとっています。

学歴:
1978年
・Graduated from Fine Arts and Department of Hubei Academy of Fine Art
・Instructor of Department of Arts and Design, Hubei Academy of Fine Art
1993年
・ Professor at Department of Fine Arts, South China Normal University,
Guangzhou

主な個展歴:
2021年
・Ecstasy: Li Bangyao Solo Exhibition, Tang Contemporary Art, Bangkok, Thailand
2019年
・Indoors History - Li Bangyao, The Barn Contemporary Art Space, Shenzhen, China
・Looking for The Commonplace - Li Bangyao, Redtory Museum of Contemporary Art, Guangzhou, China
2017年
・Indoors - Li Bangyao, ODRADEK, Brussels, Belgium
2011年
・Wu Xiang Zhi - Li Bangyao, 53 Art Museum, Guangzhou, China
2008年
・Li Bangyao - The Origin of Species, Moon Gallery, Hong Kong
2006年
・The Archaeology of Object, Deshan Art Space, Beijing, China
2002年
・Art Works of Li Bang Yao, YiDian Callery, Shanghai, China

主なグループ展歴:
2020年
・Brain Drain in The State of CHU HUBEI Contemporary, Xiang shan Art Museum, Shenzhen, China
・Ink Painting on Going 2000-2019, Guangdong Museum of Art, Guangzhou, China
2019年
・Ink at Current - The 10th International Ink Art Biennale of Shenzhen, OCAT Shenzhen, China
・5 Artists from China Transformative Creation, Oscar Niemeyer Museum, Curitiba, Brazil
・Affirmation - Chinese Contemporary, FTZART/ Shanghai, China
・New Start: The 3rd Shenzhen Biennale of Contemporary, Shenzhen UNESCO Gallery
2018年
・The Concept of Hot and Cold Hardedges - Museum of Lingnan / Dongguan, Guangdong, China
・New ink Art in China 1978-2018, Beijing Minsheng Art Museum, Beijing, China
2016年
・Encounters and Misunderstandings - The Zhongshan Chinese Contemporary Art Invitational Exhibition, Zhongshan, Guangdong, China
2015年
・The System of Objects Minsheng Art Museum, Shanghai, China
2014年
・The Next Station Guangzhou, UCITY Art Museum of GAFA, Guangzhou, China
・3rd Documentary Exhibition of Fine Arts - RE-MODERNIZATION
2013年
・Contemporary art in China 1990〜2012, Berlin Zhong Gallery, Germany
・Crossover: Sino - Italian Contemporary Art Exhibition -- Parallel Exhibition of 55th Venice Biennale 2013, Italy
・Re:Portrait, Hubei Museum of Art China
2012年
・Social Landscape - The First Suzhou Jinji Lake Biennale, Suzhou Basel Contemporary Art Museum, Suzhou, China
2011年
・Transfer - 2011 Art Exhibition in No.1 Sangguandian, Hubei Museum of Art, Hubei, China

キュレーター: 艾海(Ai Hai)

Information

Ecstasy

開催期間
2021年2月4日〜3月13日
会 場
Tang Contemporary Art Bangkok
Room 201 - 206, River City Bangkok, 23 Soi Charoenkrung 24, Talad Noi, Sampantawong, Bangkok, 10100, Thailand
電 話
+662 000 1541
営業時間
午前11時 - 午後7時 火〜土(祝日休み)
URL
https://www.tangcontemporary.com

文責: press.auraart