Exhibitions

Gayan Prageeth 個展「Eyes Only」 – SASKIA FERNANDO GALLERY

Sri Lanka

SASKIA FERNANDO GALLERY

Feb 03 - Mar 03, 2021

All images courtesy of SASKIA FERNANDO GALLERY

Gayan Prageeth の最新個展「Eyes Only」は、スリランカの戦後の発展における政治と汚職を中心に展開しています。彼の思想を刺激的する破壊の複雑なイラストとこれらの物語を説明するイメージの使用は、それらの芸術作品を視聴者にとって明確で興味深いものにします。シュールな背景に浮かぶイメージは、おそらく物語の意図的な並置と美化の含意として、その本質が複雑で美しい、夢のようなイメージを作り出しました。 アーティストは、このシリーズで幾何学的でリアルな絵画スタイルをシュールなビジュアルに取り入れ、批評的で分析的な光景を提供し、さまざまなアプローチで、汚職、戦争、民族紛争、失踪によって汚染された最近の出来事を記録しています。彼のキャンバスは、繊細なイラストと強烈な概念的な作品の並置であり、視聴者を時事問題のセンシティブな議論に導いていきます。

  • BITTER KITCHEN I, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Bowl, 32cm x 32cm x 8cm

  • BITTER KITCHEN III, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Bowl, 36cm x 36cm x 3cm

  • BITTER KITCHEN IX, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Bowl, 45cm x 45cm x 13cm

  • BITTER KITCHEN V, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Aluminium Bowl, 43cm x 43cm x 8cm

  • BITTER KITCHEN VI, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Bowl
    44cm x 44cm x 6cm

  • BITTER KITCHEN VII, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Bowl, 44cm x 44cm x 6cm

Gayan Prageeth は、スリランカの社会と政治に対する深い関心を反映した作品を制作しているアーティストです。 彼の展覧会は、国の精神を掘り下げた絵画やインスタレーションで高く評価されています。 本個展「Eyes Only」では、政治腐敗、強制失踪、民族紛争といった状況の中での戦後再生のスリランカの発展に注目しています。 これらの投影は、例えば、成長と破壊の概念が解体された景観の中に並置されているような、複雑な超現実主義の中で提示されています。 繰り返されるこのような光景は、類によって形成された現在の地質時代である人類新世の現実を強調しています。 このようなことは世界規模で発生しますが、多くの場合、ローカルで発生します。Gayan の批判対象には、ナショナリズム、軍事化、テロ、美化、気候変動、精神性などが含まれています。

  • EYES ONLY , 2021
    Acrylic and Japanese Ink on Rice Paper on Canvas, 178 x 122 cm

  • LOOKING FOR LIONS , 2021
    Acrylic and Japanese ink on Rice Paper on Canvas, 110 x 85 cm

  • THE LOTUS CULTIVATION OF THE GREAT OTHER, 2021
    Acrylic and Japanese Ink on Rice Paper on Canvas, 110 x 85 cm

自然の特性を抜きにしてスリランカについて語ることは困難です。Gayan は島の神聖な性質の侵害を追求し、誰もが社会に対して責任を負っていると述べていますが、それは特に公共の空間に注目した思想であり、現在、「美化」 として急速な再開発政策が横行しています。アーティストは、シュールで夢のような一連の絵画を通して、このナショナリズムの方針と想定される発展について我々に質問します。問題視されるのは、これらの絵画に描かれている余波です。何のために?本当の多様な美しさを表面的な美しさに置き換えるためのコストはいくらですか? 誇らしげに浮かぶライオンの頭と蓮の池を収容するバスタブは、荒涼とした廃墟の風景の中に残っているものの一部です。それは、まるで人間が設計した気候の黙示録に残るべき唯一のものは、人類の不屈の精神であるかのようです。この追求では、人類とは幾分無関係のようではありますが、希望のかけらを残しています。単一の蓮の茎の神秘的な絵の中に、地球の複製である種があります。この考えは、より新しく、より良い世界が、別の世界の破壊から生まれる可能性に希望を与え、泥がなければ蓮はないという仏教の諺を思い起こさせます。

  • JUST FOR MEMORY , 2021
    Acrylic and Japanese Ink on Rice Paper on Canvas, 91 x 76 cm

  • A DRIED LOTUS SEED POD WITHOUT FERTILITY , 2021
    Acrylic and Japanese Ink on Rice Paper on Canvas, 100 x 75 cm

  • EMPTY HOLES ONLY , 2021
    Acrylic on canvas, 170 x 122 cm

  • EMPTY HOLES ARE FILLED WITH SEEDS, 2021
    Acrylic on canvas, 110 x 170 cm

アーティストは、多数の行方不明者の肖像画をガラス瓶の中に入れ配置したインスタレーション「Misplaced I」では、それをより壮大なスケールで追求しています。 これは、僧侶が悪霊を瓶の中に閉じ込め捨てることによって家庭から追い出すという、Thovil の儀式を模しています。 このインスタレーションは、統治システムを破壊する個人が儀式的な方法かつ定期的に処分される組織的な動ききをほのめかします。 ショーケースのタイトルは、スリランカの政治腐敗と、人々を永久に消滅させる傾向を表しています。 それは主に国で何が起こるかを決定する秘密情報に言及し、そのような情報へのアクセスは、次のような人に特権を与えます。一般市民の義務にもかかわらず、動かず、Gayan の格子細工のように明らかに不透明なままでいる人々に、、、。

  • MISPLACED I, 2021
    Ink on Paper on Board, 35 x 30 cm

  • MISPLACED II, 2021
    Ink on Paper on Board, 35 x 30 cm

  • MISPLACED III, 2021
    Ink on Paper in Glass Bottles on Board , 25 x 35 cm

  • MISPLACED IV, 2021
    Ink on Paper in Glass Bottles on Board, 25 x 35 cm

  • FIFTH DREAM, 2021
    Acrylic on Canvas, 120 x 140 cm

「Eyes Only」は現在進行中のパンデミックに明確に言及していませんが、Gayan の批評は、パンデミックが社会に与える影響を披瀝しています。インスタレーション「PRISONERS ARE HUMAN BEINGS / 囚人は人間である」 では、多くの囚人の死をもたらした最近の刑務所暴動に言及しました。本彫刻作品は、炭と弾丸の殻で満たされた英語の文字と単語のプレゼンテーションです。これは、囚人が社会で最も弱い立場にある人々であるという事実を周知させることを目的としています。往々として貧困が犯罪を生む傾向にあり、囚人は正義と平等に欠ける間違った制度の産物です。パンデミックの状況では、誰が最初にワクチンを接種すべきかという問題が生じ、窮屈な状況で生活している囚人の肉体的および精神的な脆弱性を明らかにする必要があります。それは、一般的にはまだ知られておらず、「Eyes Only」 のような批判的な展示会が開かれてこそ、より広く知られるようになります。もっと多くの人が本個展を見てほしいと願うばかりです。

  • PRISONERS ARE HUMAN BEINGS, 2021
    Perspex with Coal and Bullet Shells, 65cm x 79cm

  • NOT YOU I WILL ALWAYS I, 2021
    Acrylic on Canvas, 140 x 110 cm

  • NOT YOU I WILL ALWAYS II, 2021
    Acrylic on Canvas, 140 x 110 cm

  • A STORY BEHIND THE SENSES I , 2021
    Bottles Inside Steel Frame, 49cm x 27cm x 28cm

  • A STORY BEHIND THE SENSES II, 2021
    Bottles Inside Steel Frame, 49cm x 27cm x 28cm

  • SINCE 1983, 2021
    Japanese Ink and Acrylic on Rice Paper on Steel Bucket, 117cm x 66cm x 37cm

Information

EYES ONLY

開催期間
2021年2月3日〜3月3日
会 場
SASKIA FERNANDO GALLERY
41 Horton Place, Colombo 00700, Sri Lanka
電 話
+94 11 7429010
営業時間
午前10時〜午後6時 月曜〜土曜日(日曜は予約制)
URL
https://www.saskiafernandogallery.com

Editor: press.auraart