Exhibitions

Nawin Nuthong 個展 「THE IMMORTALS ARE QUITE BUSY THESE DAYS」– BANGKOK CITYCITY GALLERY

Thai

BANGKOK CITYCITY GALLERY

Jan 30 - Mar 21, 2021

All images courtesy of BANGKOK CITYCITY GALLERY

子どもが入ってきて、樹木協議会で歴史について尋ねました。
協議会のすべての木はただお互いを見ているだけで、少年の質問に答えませんでした。
つぎに、ゲームから2本の木を指差し、ゲームの世界に戻ろうとせわしなく動き回りました。
その後、子どもは2本の木のあとを追いかけました。

彼らが仮想世界を旅している間、
道すがら、その少年は歴史に関する質問を見ました。
彼はその質問が完全な文章ではないことをよく知っていました。
それでも、繰り返される曖昧さは、混乱した空間の方がよりはっきりしているように思えました。
少年は2本の木のあとを追いかけるのをやめました。
こうして探検が始まったのです !

「THE IMMORTALS ARE QUITE BUSY THESE DAYS 」は、アーティストのNawin Nuthong が 「閾値 / スレッショルド」 の概念を明確にしようと、これまでに概念化して取り組んできた最も重要な取り組みです。Nawin が仮定したように、このような閾値は、これらの様々な分野が融合するおよび物語の間の境界空間を区切る境界として存在します。さらに、この閾値は、熱心な取り組みによって超えることのできる限界を表しており、そのアクセス座標は、同時に参入障壁となる「閾値ガーディアン」によって示されています。展示の中で、コンピュータゲームは、人間の存在状態の操作メカニズムを再表記するための比喩、イラスト、およびツールとして機能しています。 超現実のデジタル世界の中で生きた経験を再世界化する中で、Nawin は、歴史の重みに悩まされ、単にその執筆によってその象徴的な価値の同時の破壊と減少によって特徴付けられるものとして現実を明らかにします。 (ジョン・トゥング/ John Tung によるマージンに関するエッセイ)

www.busyimmortal.com

About the Artist
Nawin Nuthong

1993年生まれ、居住・活動拠点:タイ バンコク
 
Nawin Nuthong は、モンクット王工科大学ラートクラバン校 / King Mongkut’s Institute of Technology Ladkrabang を卒業し、映画研究とデジタルメディアを専攻しました。 彼の芸術への熱心な取り組みは、次第に現代美術の領域まで探求させるようになり、彼は、最初の展覧会「PLATOEXPECTONUM(2017)」をキュレーションし、「This nor Mundane(2018)」と「MAPPA(2019)」がそれに続きました。 現在、彼は、バンコクの「Speedy Grandma independent art space」の新しい運営メンバーの一人です。 Nuthong は、ビデオゲーム、コミック、映画、そしてテクノロジーが歴史の学習にどのように影響を与えるか、文化メディアに登場する昔ばなし、神話、伝説の交わりに興味を持っています。

Information

THE IMMORTALS ARE QUITE BUSY THESE DAYS

開催期間
2021年1月30日〜3月21日
会 場
BANGKOK CITYCITY GALLERY
13/3 Sathorn 1 South Sathorn Road Thung Mahamek Bangkok, Thailand 10120
電 話
+6683 087 2725
営業時間
13:00–19:00 水 - 日 (月火休み)
URL
https://bangkokcitycity.com

文責: press.auraart